両下眼瞼内反症

9月連休明けに、両下眼瞼内反症のため入院&手術でした。

都内J医院
小児眼科があるためかかりつけ医に紹介いただきました。
こちら入院の場合、原則3泊4日。
設備も綺麗な医大。待ち時間は予想通り?長いです。

結果としては、無事成功です051.gif
ホントに感謝です。

現在
外出時メオガードを着用
1日3回 傷口に軟膏を塗る
入浴時 ペパッチクリアMを貼る

と術後2週間も経っていませんがほぼ普段通りの生活です。

全身麻酔での手術でなければ、日帰りなのですが息子は5歳児。

下睫毛により角膜を傷つけてしまうため視力にも影響が出てくること。
一般的にものもらいで処方される点眼(クラビット)を毎日。
角膜を保護する点眼(ヒアレイン)も毎日。

様子を見ましょうというDrも多いようですが、かかりつけ医の的確なアドバイスで即決断できました。

4歳時、2つの眼科を受診をしました。
1つは半年間様子見との判断。
もうひとつは、『治ります』とほぼ断言。
一旦、治療を中断しましたが、5歳の検診でも同様の指摘を受けました。

眼瞼内反=逆さ睫毛を疾病と思われていない方も多いような気もします。私もその一人でした。
わりと「私も小さい時逆さ睫毛で手術したらしいわ」なんてことを聞くこともあったので、術後の傷が残るなどという点を気にしていては、前に進みませんから。
再発しないよう、過剰な皮膚と眼輪筋を切除し、皮膚・瞼坂・皮膚と縫合して内反を矯正して頂きました。

ちなみに息子の場合、左下瞼の方が過剰な皮膚(脂肪?)が多かったようで傷口が少し深いです。


8月の骨折に続き、9月の両下眼瞼内反症手術。
いずれも一緒に入院生活を送りましたが、全身麻酔による飲食制限があったため可哀想でした。
「お腹が空いた」「喉が渇いた」と連呼。
紛らわすために色々と試行錯誤しますが、お腹はぐぅぐぅ。
「もう少ししたらね」の応えに、「どうして僕にご飯を食べさせてくれないの」と言われ…

全てが終われば、頑張ったね!ホントによかった!
感謝と喜びでいっぱいです。

入院中の、幼児常食 
 ↓こんなメニューです。
朝食
c0177968_1010333.jpg

昼食
c0177968_10111259.jpg

夕食(とんかつが一番美味しかったとか)
c0177968_10312683.jpg


3時には、おやつも出ました。
ジョア(プレーン)と原宿ドック(チーズ)
c0177968_10315822.jpg

流動食も経験しました。







卒園に向けての文集づくりで、大きくなったら何になりたい~?と質問。
「骨を治す先生!」だそうです037.gif
夢は大きく056.gif

[PR]
トラックバックURL : http://kwstmy.exblog.jp/tb/16922428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kwstmy | 2011-10-02 10:14 | health | Trackback | Comments(0)